#16 アメリカ体験記 ホストファミリーの話

2021年4月23日

stand.fm 2021/4/9

アメリカでお世話になったホストファミリーの話です。

まさにアメリカンでした〜


《文字起こししたもの》

#16 アメリカ体験記 ホストファミリーの話

今回は、アメリカにいたときの話です。

以前、アメリカに行って180度考え方が変わった話をしました。

私がアメリカに行ったのが2月で、それからちょうど1年間滞在。

1年間でどんな体験をしたのかを順に話をしていこうと思います。

その前に、ステイしていたファミリーの話を。

私が滞在していた家は、お父さんとお母さんと男の子が3人いる5人家族の家でした。

上二人の男の子が高校生で、下の子が小学生。

上二人の男の子は前の旦那さんの子供で、一番下の男の子が一緒に住んでいた旦那さんの子供。

毎週末に、前の旦那さんがやってきて子供たちの面倒を見るんですよ。

上二人の男の子は自分の子供ですけど、下の子供も一緒に、、、

いつも3人一緒で週末になるとどこかに連れて行き、1日遊んで夕方に帰ってくるという感じでしたね。

私がそこの家に滞在するようになってから、たまに私も行っていましたし、たまに前の旦那さんの彼女も来ていました。

なので、多い時は6人で週末に出かけていました。

なんか、アメリカンな感じしませんか? 😉

日本だと普通、別れた旦那さんに子供を合わせたくないっていう人多いですよね。

当時20代でもう30年以上も前の話ですが、私の知っている周りの人とかは、別れた旦那さんに子供を合わせたくないという人が多かったように思います。

別れ方にもよるし、旦那さんが暴力的な人ならもちろん合わせたくないし、色々ありますけどね。

すごく優しそうな旦那さんで、どうして別れたんだろうと一人で勝手に思っていました(笑)

前の旦那さんと今の旦那さんも仲良しだし、パーティーなどにも必ず前の旦那さんが彼女と一緒にやってきていました。

お母さんはサンドイッチ屋さんをやっていたのかな、、、お店を経営していました。

お父さんは、大工さん。

そのサンドイッチ屋さんですが、今思えば年中無休だったような気がします。

何曜日が休みっていう、、、家にいる日がなかったような。

旦那さんは大工さんだったんですけど、土日が休みでした。

今から思うと、大工さんで土日休み?

でも、カーペンターと言っていたので・・・

外で家を建てるような、そんな大工さんではなかったのかもしれません。

土日休みなんですけど、お母さんがやっているお店を手伝うので、旦那さんも年中無休なんですよね。

凄いな〜と思っていました。

なので、土日にお父さんとお母さんは子供たちをどこにも連れて行ってあげることができないので、前の旦那さんが連れて行くって感じでした。

アメリカンですね〜

2月に行って最初に遭遇した行事が、高校3年生の上の男の子の卒業式。

よくアメリカ映画で観ますよね〜マントみたいなものを着て四角い帽子を被って、卒業式の後に空に向かって帽子を投げるシーン。

あれをね〜間近で見たわけですよ〜ホントに「あ〜アメリカだ〜」って思いましたよ🇺🇸

大学だけなのかと思っていたんですが、高校も同じようにマントを着て四角い帽子を投げていました。

でね、映画とかでよく耳にするので「プロムパーティーには行かないの?」と聞いたら「行かない・・・」

彼女いなかったみたいだし、ちょっと消極的な子だったのかな〜

そう言えば今ふと、、、彼が当時の大統領に手紙を書いていたことを思い出しました。

何のことについて書いていたのかは忘れましたが、、、

それもね、便箋に赤ペンで書いていたんです。

私ビックリして「赤ペンで書くの?」と聞いたら「そうだけど何か?」って言われて、、、

いゃ、何でもないけど・・・とは言いましたが、、、

面白いな〜と思いましたね。

上の男の子の卒業式が終わった後、皆で卒業おめでとうパーティーをするんですよ。

その時は、ホストファザーの方、お父さんの実家が比較的近いところにあったので、そこに全員で行って。

もちろん、お母さんの前の旦那さんとその彼女も来ていました。

そこで初めてアメリカのホームパーティーを体験したんです。

あの体験があって、私も日本に帰ってホームパーティーをするときはこういう風にしよう、とシナリオができましたね。

パーテイーってこういう風にするんだ〜って。

アメリカに行く前、日本で英会話スクールに通っていた時に、先生の家のホームパーティーに招かれたことがあって、その時もアメリカンなホームパーティーでしたね。

経験はありましたが、アメリカに行ってやっぱりちょっと雰囲気が違って、、、

デザートの凄さ。

一通り食べた後に、最後に絶対パイが出てきて、パイの上にアイスクリームとホイップ。

蜂蜜をかけている子もいましたけど、、、色々な子がいましたからね〜

今となっては誰がいたのかは記憶にないですが。

私は甘いものは決して嫌いではなかったですが、アメリカのケーキの甘さ、、、もう砂糖の塊でしたね。

砂糖の塊を舐めているのか、っていう。

パイは食べられるんですが、、、

よく映画などで、その子に合わせたケーキを作っていますよね。

例えば、野球好きな子供なら野球のケーキ、フットボール好きな子供ならフットボールのケーキ、とか。

ああいう類のケーキは、本当に砂糖の塊だと思いました。

スーパーで売っているんですが、初めて食べた時にもう2度と食べないと思いました。

で、日本に帰ってからホームパーティーをする時はああやろうって思いながら、一度もしたことがありません(笑)

そんな機会ないんですよね〜日本で、、、ホームパーティーをするっていう。

プチパーティーくらいはありますけど。

ま、これからでもできますからね。

老後の楽しみにします 😆

編集後記

2月にアメリカに行き、最初1〜2ヶ月は日本人の家にステイしていました。

アメリカ人の家にステイし始めたのは確か4月頃。

卒業式は5月か6月だったように思います。

ホストファミリーの家族の名前は個人情報になるので、あえて書いていません。

上の子が大統領に書いた手紙の内容を聞いた記憶はあるのですが、内容は全く覚えていません。

便箋にいっぱい赤文字が書かれていたことが強烈に頭の中に残っています。

皆、今はどうしているのか・・・

私はとても薄情者です😢

すごくお世話になったにもかかわら、帰国後日々の生活が楽しく手紙もろくに書かず、、、

たぶん死ぬ時に後悔することがあるとしたら、ホストファミリーに対する恩返しができていないことかな。

死ぬまでに、会いに行けるかな・・・いゃ、行こう🇺🇸