海の波動は地球人の集合意識

天から降った水(雨)は大地に吸収され、蒸発してまた天に帰る。

人間の命もまた水と同じ。

天と地の間を何度も行き来している。

海はお母さんの羊水

母なる大地と父なる天。

天から降ってくる雨の滴は、お父さんの精子のようなものだね。

母なる大地へ落ちて、海へたどり着くまで冒険するんだ。

山に降って湧き水になって川へ流れ、やがて大きな海へたどり着く。

かなりの長旅だよね。

母なる大地、地球はお母さんの体。

海は、お母さんの子宮(羊水)かな。

だから、海へたどり着いて、海水としての生命を得るんだ。

直接、海に落ちた雨の滴は、まぁ安産のようなものなのかな(笑)

海の中の水は地球上の色々な海の中で揉まれながら、いつか水の人生を終えて蒸発して天に帰っていく。

その途中で雲となってまた帰ってくる水もあれば、そのまま天に到達する水もある。

これ、人間そのものじゃない?

実は、海の中の水一滴一滴は私たち人間一人一人のことじゃないかと思ってる。

人間は海から生まれたって聞いたことない?

なんだか本当のような気がする。

赤ちゃんはお母さんの羊水の中で成長するよね。

羊水の中での胎児の成長過程は、まさに魚類から哺乳類までの成長過程そのものだって知ってるかな。

なんとなくだけど、羊水の波動と海の波動は同じなんじゃないかな。

海の水は地球が生まれてからのすべてのことを記憶している。

胎児は、羊水にいる間はそれまでのことをすべてを記憶している。

お母さんの体から出た瞬間にすべてを忘れるけどね。

潜在意識はちゃんと覚えているけれど、私たちはそのことを忘れてしまっているんだよね。

母なる大地、地球。

地球の海は、お母さんの羊水。

悩みごとがあると海に行って波の音を聞きたくならない?

潮騒を聞いていると落ち着いてくるのは、お母さんの優しさに触れているからだと思う。

だからね、海に話しかけると、きっと答えが返ってくるよ。

だって、海は人間の意識そのもの。

地球上の海は、地球上に生きている人間の集合意識なんだと思う。

だから、地球上に住む人間の意識がネガティブに働いて低くなってくると、津波や大洪水が起きちゃうんだよ。

人間の体の70〜80%を占める体液の成分は海水とほぼ同じらしいから、きっと波動が伝わりやすいんだ。

人間同士の波動が影響を受けやすいのも、人間の体がほぼ水分だからだね。

水の波動は、良い方向にも悪い方向にもすごい威力を発揮する力を秘めている。

いつも「ありがとう」と言っていると、体の水分がその波動を受けてすべてがハッピーになるよ❣️

最後まで読んでくれてありがとう🥰